自転車ライフABICI

自転車保険の主な補償内容を徹底解説

自分は大丈夫…と過信は禁物!

近年は自転車による事故が増えていますが、自転車事故でも加害者になることがありますし自分自身がけがを負うこともあります。 そうした場合に備えて保険に加入しておくことはとても重要です。

自転車事故を補償する保険には個人賠償責任補償保険という保険がありますが、これは火災保険や傷害保険にオプションとして加入するケースがほとんどです。 ですので、それらの保険に加入していない場合には自転車保険に加入することになります。

賠償責任と傷害保険

自転車保険には主に2つの役割があります。
ひとつは他人をケガをさせたことによる賠償責任の役割であり、あとひとつは自分自身のケガをケアする傷害保険の役割です。
自転車の事故くらいで「保険に加入する必要性があるのか」と疑問に思う人もたまにいますが、自転車事故を軽く考えるのは危険です。
運が悪いと被害者を死亡させることもあります。
死亡でなくとも大きなケガになった場合は賠償金額も決して侮れない金額になるケースもあります。
後遺障害などが残った場合はかなりの賠償額になりますが、それを個人で支払うのは一般的には無理があります。

自動車保険には自賠責という保険がありますが、自転車にはそういった保険がありません。
ですから自転車保険の意義は大きいものがあります。
賠償責任の保険金は自ら設定するものですが、やはり最低でも1億円を設定しておくほうが安心です。

プラスで加入したい特約

またこの保険に加入する際は示談代行の特約や法律相談費用を補償する特約、弁護士費用を補償する特約もつけておいたほうが安心です。
自分で示談交渉をするのは現実的ではありませんし、示談がうまくいかなかったときは法律の専門家に依頼することもあります。
専門家に依頼する費用も決して少なくない金額ですのでこれらの特約には加入しておくほうが賢明です。 しかもこれらの特約を付加しても保険料がそれほど高くないのも魅力です。

最後に傷害保険の意味合いについて説明しますと、自分が自転車事故で入院をしたときに保険金が支払われるのですが、入院が長引いたときなどはとても助かります。

↑ PAGE TOP