自転車ライフABICI

自転車保険に絶対に加入するべき3つの理由

自転車保険とは

自転車は、身近で手軽で生活に直結した乗り物です。 都市部などでは交通渋滞に巻き込まれないでスムーズな通勤通学の足として利用されていますし、趣味や健康目的のために利用されています。 自転車の利用が多くなっている分、歩行者や自転車同士のトラブルも増加しています。

自転車保険は、傷害保険と個人賠償責任保険から成り立っています。 自転車保険に加入するメリットは3つあり、比較的安価な保険料で、自転車に関連した自分のケガに対する補償(傷害保険)や、他人に損害を与えた場合の補償(個人賠償責任保険)が受けられるということです。 個人賠償責任保険は、単体で加入することはできない保険で、共済保険や火災保険、傷害保険に付帯して加入するものです。

被害者になる場合、加害者になる場合

自転車に乗っていれば、転んでケガをするというようなこともあります。 傷害保険部分は、そのための補償になります。入院保障や死亡保障がある場合もあります。

また、自分のことよりも深刻に考えるべきものが、他人に損害を与えた場合です。 自転車くらいで重大な事故は起こらないと安易に考えるのは、あまり賢明ではないようです。 自転車は、運転マナーの悪さや運転免許のような講習を受けている訳ではありません。 はたから見れば、危険な自転車運転を自分勝手な判断でしているように見えます。 実際に、小学生が女性をはねてしまって加害者となり、その小学生の母親に9500万円の賠償金を命じられた裁判もあります。 その他にも、死亡事故、重大な障害が残る事故も起きています。 もしも、自分や家族が加害者になったならとそれだけ高額な賠償金を払えるだろうかと想像するだけでも恐ろしいです。せめて経済的な問題をカバーしてくれるのが自転車保険です。

自転車は子供でも乗れるだけに危険性も軽んじてしまいがちですが、子供でも加害者になりえます。 もし、高額な賠償を求められたなら、経済的な補償だけでも保険で保障したいものです。 自転車の運転によって加害者にもなることを知らしめて交通ルールを守ることも大切です。

↑ PAGE TOP